低収入でもOK?住宅ローンを組む時に気を付けたこと

低収入でも2700万円の住宅ローンを組めた!

私の本業の収入は年収400万円未満です。

これを低収入と言いきるのは問題かもしれませんが、40代という年齢を考慮するとやはり少ないですよね。

首都圏と地方では相場も違うでしょうけど、ネットで調べたところでは40代後半の平均年収は500万円後半というデータもあるようです。

そんな低収入な私は住宅ローンがちゃんと通るかどうかが悩みの種でした。

家を建てると寿命が縮まるなんてこともよく聞きますが、確かに心配事が多くて寿命が縮まる思いでしたね。

結果的に住宅ローンは第一希望であった優良住宅ローンのフラット35で約2,700万円のローンを組むことが出来たのですが、その時に気を付けたことなどをご紹介しましょう。

まずは作戦を立てよう!

住宅ローンを組む時はあまり気軽に申し込まない方が良いと思います。

住宅メーカーさんに勧められるままに何となく申し込んでしまう方もいらっしゃると思いますが、金融機関によって事務手数料や金利が全然違います。

場合によっては利子を含めた支払い総額が数百万円単位で変わってきますので、自分で事前にどういう金融機関から借りるか、金利はどのくらいの条件を希望するかなど、ちゃんと考えておいた方が良いです。

そして住宅ローンを申し込む時は、片っぱしから何件も申し込まない方が良いと言われています。

住宅ローンの審査時にはCICなどの信用情報機関に照会記録が残ることになるのですが、あまり多数の金融機関から照会が続いていると、この人はうちの審査の前にもたくさん融資を申し込んでいるみたいだけど全部断られているのかな? 何か問題があるのかな?とマイナス印象を与えてしまうことがあるらしいのですね。

なので事前に申し込む金融機関を3つくらい決めておいて、優先順位の高いところから申し込むのが良いと思います。

車の買い替え(購入)はちょっと待って!

私のように地方暮らしだと車が必須なのですけど、近々住宅ローンを組もうと考えている人は、車などの高い買い物は慎重になった方が良いです。

というのは先に車をローンで買ってしまうと、その分、住宅ローンで借りることが出来る限度額が少なくなってしまうからです。

たとえば年収から計算された支払い能力が月10万円の人が、既に車のローンで月3万円返済していた場合は、残りの額、つまり月7万円分のローンしか組めなくなってしまいます。

なので少しでも住宅ローンの条件を有利にしたい場合は、ローンで高い買い物をするのは後にした方が良いでしょう。

クレジットカードや携帯・スマホの分割払いも要注意

クレジットカードもローンと同様に信用情報に影響を与えますので要注意です。

近々住宅ローンを申し込もうと思っている人は、クレジットカードを何枚も申し込んだりするのはやめた方が良いでしょう。

とくに引き落とし時の残高不足で延滞すると信用情報に傷が付きますので注意ですね。

あと盲点になりがちなのがクレジットカードのキャッシング枠。

このキャッシング枠、クレジットカードを作った時に自動的に設定されたりしますけど、このキャッシング枠が負債としてみなされて、住宅ローンの借入限度額に影響を与えてしまうという話があります。

なので私の場合は、クレジットカード会社に連絡してキャッシング枠を小さくしてもらいました。

そしてもうひとつ忘れがちなのが携帯電話・スマホです。

携帯電話やスマホって、機種代金を月々の利用料と一緒に分割して払っていることが多いですよね。

本人としては自覚が無かったりしますが、これも分割払い=ローンと同じ扱いになってしまうらしいので、気になる人は残金を一括で払ってしまうことを検討すると良いでしょう。

優良住宅ローンってどうなの?

先述のとおり、我が家は優良住宅ローンでローン契約をしました。

フラット35を検討している人にはおなじみの会社ですね。

手数料が一番安いこともあってうちの工務店さんからもオススメされてました。

優良住宅ローンではつなぎ融資も利用しましたが、つなぎ融資の手数料と利子も安い方だと思いますよ。

優良住宅ローンを検討し始めた頃にネットで評判を探していたら、なんだか担当者の対応が悪いみたいな書き込みもあって、実は少し心配していました。

でも我が家の場合は、融資実行の時に優良住宅ローンの担当者さんに会ったりもしましたが、とてもにこやかで丁寧な対応をされていて好印象でしたよ。

スポンサーリンク







ブログランキング参加中!

にほんブログ村のブログランキング(平屋住宅)に参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする