理想の家を安く建てるための工夫2

前回の記事で安く建てるために工夫したこととして次の内容を挙げました。

・有名なハウスメーカーではなくローコスト住宅系の工務店に依頼した
・間取りやデザイン・仕様は工務店任せにせず自分たちで考えた
・床や棚は全て夫婦でDIY塗装した
・照明や洗面台、給湯器などは施主支給を活用した
・外構工事やガス会社などは相見積もりを取って選んだ

しかし改めて考えてみると、これって結局、最初に工務店を決定した時点でその後に出来ることが決まってしまっていたんですね。

どういうことかと言うと、もしも大手のきっちりとしたハウスメーカーに依頼してた場合は、デザインや間取りを自分たちで考えることは無かったかもしれないし、まして床や棚を建築中にDIY塗装するなんてことは恐らく許可してもらえなかったんじゃないかと思うんです。

別段大手メーカーじゃなく、小さい規模の工務店であったとしても、その会社の経営方針とか家づくりに対するスタンスなどはマチマチでしょうから、もし融通の利かない会社を選んでしまってたら大変だったろうな~と思います。

とにかく融通の利く工務店だった!

私たちが依頼した工務店はとにかく自由!

普通は施主支給とか、あまり良い顔をされないなんて話も聞いてましたが、その工務店は全然OKでした。

逆に建築コストを抑えるために、どこをどう削っていくか一緒に考えてくれるようなところもありました。

外構や設備業者、ガス業者などなど、工務店さんには日頃から付き合いのある業者さんがたくさん居る訳ですが、全く別のところから私たち夫婦が探してきた業者さんを使ってもらうのもOKでした。

その代わり提案力が低かった

こちらが希望することは殆ど何でも取り入れてもらえましたが、その工務店からの提案はあまりなく、あったとしてもあまり良いアイデアは出てこなかったです。

どうも担当の営業さんにあまりセンスが無いというか。。。

営業さんなので口は上手でしたが、現場の経験はそれほど無かったみたいですし、ルーズなところもあってミスも少なくなかったですね。

悪い人ではなかったですが、安心して任せれる感じではなかったです。

その分、自分たちでしっかり仕様などを考えていきました。

自分たちが住むことになる家のことですから必死に考えましたし、やりがいもありましたけど、非常に疲れましたねぇ。

実際に家が完成して住んでいる今は満足感も得られていますが、当時は不安も少なくなかったです。

あれやこれやと自分たちで希望を出してどんどん仕様を決めていきましたけど、家づくりに関してはもちろん素人なので、本当にこれで大丈夫なんだろうか?という不安が常にありました。

工務店・メーカー選びは大事

建築途中は不安も尽きなかったですが、晴れて完成した家に住んでみると、ほぼ概ね自分たちのイメージしていた通りのものになりましたし、満足度の高い家に仕上がりました。

結局この工務店との出会いがなければ、この予算でこれだけの内容の家を建てることは出来なかったと思いますし、いい工務店に出会えたと思います。

最初は全部塗り壁なんて絶対無理!と思ってましたからね。

家づくりのシミュレーションに役立ったソフト

自分たちのアイデア・希望を詰め込んだ我が家。

この家作りが失敗せず、ほぼイメージ通りのものに仕上がったのは、このソフトのおかげでもあったと思います。

間取り作成ソフトとして有名な「マイホームデザイナー」シリーズの一番安いヤツです。

一番安いヤツですけど我が家的にはこれで十分でしたね。

間取りとか、外観のデザインはもちろん、細かいニッチの場所・大きさとかまでこのソフトでシミュレーションして決めていきました。

自分たちで仕様書とか作って、工務店さんに渡したりするときも、このソフトのスクリーンショットを印刷して渡したりすることでイメージの共有が出来ました。

おかげで失敗の少ない家づくりが出来ました。

値段も安いですし、超オススメのソフトです。

ちなみにメガソフト本家のサイトで買うより、上記Amazonのページで買った方が2千円ほど安いですよ!

スポンサーリンク







ブログランキング参加中!

にほんブログ村のブログランキング(平屋住宅)に参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする