引っ越したらプロパンガス料金が異常に安くなった件

プロパンガスは高い?

賃貸生活時代に大いに不満だった点がプロパンガスの値段でした。

夏場でもひと月1万円を超え、冬場に至っては最高2万6千円を記録していました。

ハッキリ言ってボッタくりだと思いますが、賃貸の場合はプロパンガス業者の変更が難しいんですよね。

基本的に大家さんから指定されたプロパンガス業者と契約しないといけません。

なぜ賃貸のプロパンガス料金は高いのか?

大家さんの立場になって、新しく賃貸物件を建てたケースを考えてみます。

新築ですのでガスの配管工事が必要になりますよね。

当然給湯器も必要になります。

本来なら、これらの費用は大家さんが負担するのですが、現実にはこれらの費用をガス屋さんが負担してくれることが少なくありません。

その代わりに入居者さんにはウチと契約してもらってくださいね(料金はちょっと高いですけど!)、という条件になったりします。

大家さんとしては賃貸物件を出来るだけ安く建てたいですし、ガス料金が少々高くなっても自分の懐は痛みませんから、この提案に乗ってしまうのでしょう。

その結果、入居者はプロパンガス業者を選ぶことができず、料金が業者の言い値になってしまうという訳です。

プロパンガスを安い料金で契約する方法

新築した場合は当然、自分の好きなプロパンガス業者と契約できます。

安く契約するためのポイントは次の2つです。

ポイント1:相見積もりを取る。
自宅の近くにあるプロパンガス業者に片っぱしから電話を掛けて相見積もりを取ります。
基本料金、従量単価の計算方法が業者によってさまざまなので詳しく聞き取ります。

ポイント2:ガスの配管工事と給湯器の費用は自分で負担する
先述の大家さんの例と同じですが、ガス業者から、配管工事と給湯器の費用をガス会社が負担することを提案されることがあります。
この提案を検討するときは要注意です。
なぜなら、基本料金や従量単価を高く設定されてしまうからです。

なのでこの提案を検討するときは、必ず基本料金や従量単価がいくらになるのか、また契約年数の縛り(何年以上契約しないといけないのか)について詳しく尋ねましょう。
そして、配管工事と給湯器の費用をガス会社ではなく自分で負担した場合に、基本料金や従量単価がいくらになるのかも確認します。
たいていの場合、ちょっと長い目でみれば自分で費用を負担した方がお得になるでしょう。

我が家の場合

我が家では、ガスの配管工事と給湯器の費用は自分で負担しました。

給湯器は性能の良いものだと定価が40万円くらいして驚きますが、実際にはネット通販だと大幅に値引きされて10万円前後で購入できます。

配管工事の費用も業者によって結構差がありますので相見積もりで検討しました。

さて新居のガス代ですが、同じ使用量(5月は19.8m3)で以前の賃貸と比較した場合、ひと月のガス代は15,300円→9,800円と36%も安くなりました。

季節変動を考慮して年間の料金も試算したのですが、年間だと7万円ほど安くなる計算になりました。

契約年数の縛りが無いことも確認しましたので、将来もしもガス料金を値上げされたとしても、いつでも他社に乗り換えることが出来ますね。

スポンサーリンク







ブログランキング参加中!

にほんブログ村のブログランキング(平屋住宅)に参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする