ドラム式洗濯乾燥機の電気代は高くない?Panasonic NA-VX3700レビュー

洗濯機の機種選びに悩んだ結果

我が家の洗濯機、新築前は日立のドラム式洗濯乾燥機BD-V2を使用していたのですが、すでに購入から10年ほど経過していました。

さらに乾燥機能はとうの昔に故障していたため、引っ越しを機に買い替えることにしていました。

そこで次はどういう洗濯機にするか妻と一緒に考えましたが、我が家的に屋外に洗濯ものを干したくない、という希望があったため、ほぼ必然的に乾燥機能が付いているものにすることになりました。

となると縦型洗濯機ではなく、ドラム式洗濯乾燥機かぁ、と思いましたが、よくよく調べてみると他の選択肢もありました。

それは縦型洗濯機+衣類乾燥機(乾燥専用機)の2台持ちという選択肢です。

衣類乾燥機に惹かれたが・・・

衣類乾燥機、とくにガス式の衣類乾燥機はガスの強力な火力で乾燥させるため、乾燥に要する時間が電気式より短く済み、大体数十分~1時間未満といったレベルです。

そのため洗濯を頻繁にする人に向いていると言われています。

コインランドリーとかにある業務用の乾燥機のイメージですね。

非常に魅力を感じたのですが、我が家の場合は設置場所が問題になりました。

新築の間取り作成時に乾燥機のことまで考えておけばよかったなとちょっと後悔。

ガス式は配管工事も必要になるし、配管工事の必要が無い電気式の場合でも、本体サイズが大きすぎて置けないことは無いですが、置いてしまうことで随分居住性が悪くなってしまうように思いました。

という訳で、衣類乾燥機は却下となり、ドラム式洗濯乾燥機を選ぶことになりました。

今時のドラム式洗濯乾燥機

これまで使用していた日立のBD-V2は乾燥機能がすぐに壊れたため、ドラム式洗濯乾燥機に対するイメージは正直良くありませんでした。

しかしネットで調べた感じところ、当時のドラム式洗濯乾燥機はダクト内に埃が詰まりやすかったようで、我が家のように乾燥機能に不具合が出るケースが多かったらしいのですが、今時のドラム式洗濯乾燥機はその辺りが随分改善されていて故障しにくくなっているようです。

乾燥機能を使う度に毎回フィルター掃除をしないといけませんが、掃除しやすい構造になっているので、それほど手間には感じません。

フィルター掃除の様子

一回乾燥機能を使うだけで綿埃がこんな風にフェルト状になってフィルターにたまります。
でもブラシとかで軽くなでるだけでペロン♪と簡単に取れますよ。
私はダイソーで買った塗装用のブラシを使っています。

ドラム式洗濯乾燥機の乾燥具合は?

気になる乾燥具合ですが、ふわっふわに乾きます!

これは乾燥機ならではですね。

屋外干しとかするとパリパリな感じで固くなるじゃないですか?

乾燥機だとそうはならなくて柔らかくてふわふわした仕上がりになります。

新品のタオルとかの感触に近いですね。

生地によっては生乾きになってしまうものも出てきますので、そういうものは取り出した後に部屋で軽く干しています。

電気代は?

乾燥能力は十分かなと思っているのですが、いかんせん、乾燥に3時間くらいかかったりするのが難点でしょうか。

そのため我が家の場合は寝る前に洗濯スタートして放置し、翌朝取り出したりしています。

さて乾燥にそれだけ時間を要するということは、その時間分ヒーターが作動しているのでしょうから、電気代はどんなもんなんだろ?と心配にもなりますね。

でもご安心ください。

意外に安いみたいです。

我が家の場合、5月の電気使用量は約200kHh、金額にして大体7,500円くらいでした。

洗濯~乾燥は毎日1回以上していて、大体週に10回くらいしています。

オール電化住宅ではなくて、お湯はガスを使っている家です。

どうぞご参考までに。

スポンサーリンク




ブログランキング参加中!

にほんブログ村のブログランキング(平屋住宅)に参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

シェアする

フォローする