子供部屋の本棚DIYその1

SPF材で子供部屋の本棚をDIY

先日キッチンの収納家具が完成したばかりですが、さっそく次回作の内容が決まりました。

今度は子供部屋に設置する本棚です。

引っ越し前、子供部屋の本棚はイケアのBILLYシリーズやカラーボックス的なものを使用していたのですが、新居で目指す雰囲気には合わないなぁということで、引っ越し時に処分してしまっていました。

やはり新居には天然木を使用したナチュラル&アンティークテイストな本棚が欲しいということでDIYすることになりました。

小学生の子供が使用するものですので、背丈が高くないものが良いとかいろいろ希望もありましたので、希望にピッタリの既製品を探すよりも作った方が安価で早いかなというのもありました。

完成イメージ

岡田金属工業の作図ソフト「もでりん」による完成イメージがこちらです。

一般的な本棚の作り方とはちょっと違った感じになっていると思います。

本当は、棚受けに棚板を乗せる形が一番ラクそうだったのですが、見た目がイマイチかなと思い、現在の形になりました。

あと例えば90cmとか長い棚板を両端だけで支えるような構造は、棚板が本の重みで反ってくると思ったので、今回のは150cmを4か所で支える構造になっています。

制作時の手間は増えますが、強度的には安心ではないかと。

棚のサイズ

全体としては横幅約150cm、高さ約98cm、奥行約28.5cmです。

各棚の内寸の高さは一番下が34cm、真ん中が32cm、一番上は24cmとなっています。

32cmは塾のテキストやA4サイズの書類を収納するのに適した高さです。

34cmはそれよりひと回り大きなファイルケースなどを収納するためのものです。

24cmの部分は本当はもっと高くしたかったのですが、設置スペースの都合などでこの高さになりました。

単行本を並べたり、飾り棚として使用することになりそうです。

材料の調達

今回はなるべく短期間で完成させたいので、材料は全部SPFにして、購入時にホームセンターでカットしてもらいました。

今回使う材料は写真のもので全てです。

カットされていると持って帰るのも楽チンでした♪

材料代は6フィート(約180cm)の1×12が4枚、6フィートの2×4が5本で、総額約1万円になりました。

組み立てはネジとダボ継ぎを併用していく予定ですが、パーツ数が多いのでちょっと手間かもしれません。

スポンサーリンク




ブログランキング参加中!

にほんブログ村のブログランキング(平屋住宅)に参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

シェアする

フォローする