子供部屋の本棚DIYその3 最下段の組み立て

コーススレッドとタイトボンドで最下段を組み立てる

子供部屋の本棚DIYの続きです。

今回から組み立てに入ります。

ドリルでネジの下穴を開ける

まず、ネジ穴となる箇所に3mmのドリルで下穴を開けておきます。

ネジは径3.8mm×57mmのコーススレッドを使用します。

もう少し短くても良いのですが、このネジが大量に余っていたので今回はこれを使用します。

ドリルを使用する際には、出来るだけ垂直に開けれるよう、いつものようにドリルガイドを使用しました。

このドリルガイドには4mm以上のものしかないので、4mmのガイドに3mmのドリルを通して使用しています。

やや遊びが出来てしまいますが、ガイドが無いよりはずっと安定します。

タイトボンドで補強

ネジ止めだけでも十分固定されそうですが、本棚なので念のためタイトボンドも併用し、強度を上げておきます。

タイトボンドは本当に強力ですね。

今回の組み立て時に、脚を1本やや斜めにネジ止めしてしまったのですが、接合から10分後くらいにやり直そうと思ったら、接着剤でガッチリ固定されていてビクともしないので諦めました。

コーススレッドで組み立て

下穴を開け終わったら、ネジ(コーススレッド)をちょこっとだけ出しておいて、ネジと下穴が上手く合うように組み立てて行きます。

最下段を下から見たところ。

こんな風にネジが材料に食い込むまでネジ止めします。

完成後に床を傷つけないためです。

ここは見えなくなる部分なので見た目は気にしなくてOKです。

最下段の部分の組み立てが終わりました。

脚の強度は予想していたよりも高いです。

今回はホームセンターで材料をカットしてもらいましたが、直角の精度が高いことも強度アップに貢献しているのでしょう。

今回の組み立ては接着剤とネジ止めだけでしたが、次回の中段の組み立てではダボ継ぎも併用する予定です。

スポンサーリンク







ブログランキング参加中!

にほんブログ村のブログランキング(平屋住宅)に参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする